スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
年齢からくる戸惑い
      若い頃は事業の成功を思考し、たえず拡大、繁栄を目標に進んできました
     仕事に関しては、ほぼ完全燃焼です自分で評価しても頑張りました

IMGof-5-5.jpg

  友からの手紙にこう書かれていた時々俺はこれからどう生きて行けばいいのか?
    歳とったとゆう事は全てに戸惑い不安を感じていると書かれていた


                    私もまったく同感です
        介護を始めた51歳の私は精神年齢は37・8歳ぐらいと思います
          外見も実年齢より10歳位若く見られる事も多々ありました

              0101金魚の素材1
       ところが介護が終わった時の頃鏡の前でヒゲを剃っている私の顔は
                表情に以前の明るさがあまりありません

                 残りの人生を有意義なものにしたい
        それともノンビリと残りの人生を過ごすかそれとも生命がある限り
          もう一度何かを求め若い時のようにチャレンジャーと化すか


[2008/01/15 10:55 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(0)
<<ケアマネジャー選びの条件 | ホーム | 失明の危機・白内障の手術>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。