スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
介護保険制度(1割負担の重さ)その2
       老後、その時期に介護を必要として人間としての尊厳
                持って生きて行く為の最小限の保証
                  それが介護保険だと思います
 

     自己負担分と超過分の事ですが要介護5(私の母の場合)保険での
  月支給限度額は358,300円です自己負担額は、その1割の35,300円です

花Eの15

    35,300円で全てをまかなう事が出来るかと言いますと、それは無理です
             受けたいサービスの1割~2割は削らないと

      月に5回ほど超過すれば40,000円ほど余分に支払う事になります
      自己負担分の35,300円と超過分の40,000円で計75,300円です


1101散歩で観かけたホックス2


             超過分を少しでも減額できる方法があります

                    以外と知られていないのが
             行政窓口での負担額軽減制度を申告する事です

[2007/12/21 13:41 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
<<特養老人ホームと天下り | ホーム | 介護保険制度(1割負担の重さ)その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。