スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
在宅での床ずれ対策
      母は3ヶ月間の入院生活で臀部に床ずれが出来ました
           直径10cmぐらいで 深さ2~3mm.ほどです
            退院してからは家で治療をする事にしました


   床ずれ対策に必要な事は栄養状態です
                  栄養をとる事によって皮膚が自ら再生していくのです
            栄養バランスを考え、食べやすいもの作る事です

江の島3の2

             料理ではお好み焼きがベストでした

  山芋、 シーチキン、 万能ねぎ、 肉、 キャベツ、 ちくわ、 桜えび、 たまご、
     とろけるチーズ、 鰹節
等を細かく切ります生地に混ぜて焼くだけです


 高カロリーの食べ物は床ずれ治療には大切です、お好み焼きとアイスクリームは
    毎日1回は食べていました苺の時期はアイスクリームと苺など最高です

江の島2の13江の島2の17江の島2の18


    あくまでも栄養補給が大切なのですが食事を楽しむと言う事が一番です
          だから食事介助はお袋の食べるペースにあわせます

[2007/09/05 14:25 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
<<阪神タイガースと選手の顔 | ホーム | お袋とかっぱえびせん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。