スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
感染症MRSAについて
         母の場合ですが寝たきりで、しかも大腿部には
                            傷穴(ロウコウ)があります
              その為医療行為が毎日必要でした



     訪問看護センターの管理者Aさんから、その日の看護が終った後で
        ロウコウからの感染症MRSAの説明を受けました

  of5-13.jpg
       管理者Aさんの説明ではとても怖い感染症であるいう説明でした
        説明を聞いた後、私たち家族はこれから先どうしたらいいのか
                とても不安になりました(当時H11年)

     病院で若い看護師さんと話す機会がありMRSAについて尋ねました

  of5-12.jpg

        若い看護師さんはMRSAなどで心配する事は何もないですよ
               健康な人でも持っている常在菌ですから


                まず感染で問題になる事はありません
               十分な手洗いでOKですよ、との事でした

        患者さん家族を不安にさせるとは看護師として最低だそうです
           訪問看護センターの管理者Aさん貴方のことですよ

[2007/07/19 13:08 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
<<今日、社会保険事務所に行く | ホーム | 介護疲れからの殺人報道(3)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。