スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
関西弁のヘルパーさん
     来ていただいているヘルパ-さんに関西弁を話すヘルパーさんがいます
         関西生まれでも育ちでもないことは直ぐに分かりました


       母が神戸出身と言う事でコミニィケーションのつもりで関西弁
           使っている事は分かりますが残念な事は、この関西弁が
                  実に怪しげ喋りなのです(^。^)

0101素材の18

         まだ大坂のおばちゃん的な明るさがあればまだいいのですが
        雰囲気も少し暗く会話下手です、だから無理しているのでしょうか


     この頃の母は体は要介護5ですが頭はまだまだしっかりしていた時期でした
         母が言うには最近あの人がくると神戸(ふるさと)をよく思いだすよ

神戸素材その1 神戸素材その2

   無理は分っているが死ぬ前に神戸に行きたい親戚、友達にも会っておきたい
      この身体では無理なんだろうね、と言って目を閉じ寝むるふりをします

      後日改めて、そのヘルパーさんには標準語で話してもらう様お願いしました
              ”好意からなのは分っているので優しく話しました
  
      ヘルパーさんの好意が逆に故郷を思いだし寂しさを覚えたのは事実でしょう

[2008/06/17 05:11 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
<<ボランティアを体験してみて(2) | ホーム | いつからか認知症に>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。