スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
介護後遺症からの脱出
        
 私の24時間とは
★朝起きれば寝たきり母のオムツ交換で始まり ★母の朝食準備~★朝食介助
★訪問看護師さんが来るまでにその日の処置の準備~★看護師さんの手伝い
★寝巻き等の洗擢~★両親の部屋の掃除~★昼食の準備~★昼食介助

    ・・・・・ここで一区切りがつき役2時間半の空き時間ができます・・・・・


  この空き時間を利用して父のいる病院or特養老人ホームに見舞いに行きます
  見舞いに行く回数は病院の場合は毎日です・・・特養の場合で週2~3回です
  見舞いに行かない日は☆父母に頼まれた物やオムツ・ガーゼ等の買い物です

            0101金魚の素材1
             ・・・・・夕方にはヘルパーさんが来ます・・・・・ 

★準備とヘルパーさんの手伝い~
★夕食の準備~★夕食介助~★昼夜を問わず不定期な下痢便処理

★夜7時からは・・・約1時間半ぐらい母のベットの横の椅子で母との雑談をします
★9時にオムツの交換をします ★朝までに最低2度は母の様子を見に起きます


他には★月2度は内科の先生の往診です  ★月1度は皮膚科の先生の往診
★不定期で整形外科の先生の往診・・・その都度処方箋をもらいに病院と薬局に
★酸素器の点検が月1回  ★ケアマネ訪問が月1回  ★水分補給

河津さくらーその1

                      (日曜も祭日も正月も、同じです、365日x7.6年
   介護生活が終わり自由なのだから旅行にでもと思うのですが何故か家を空ける
    ことが出来ません家を空ける事が罪悪感の様にプレッシャーがかかります


   でも今回は勇気をだして女房とまずは近くからの1泊旅行をする事にしました
     伊豆の河津桜を見にいく事に介護が終わり1年10ヶ月がたっていました


[2008/02/16 10:21 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(4)
<<2月15日の伊豆 | ホーム | オムツと床ずれ>>
コメント
yuさん

コメント有難う御座います
介護生活を今振り返れば、本当に良くやって
これたと思います

この写真は、あのカメラではなくコンパクトデジカメです、3月になってから一眼レフは購入しました(衝動買えで)
今の私のカメラ習熟度では、まだまだコンパクト
デジカメのほうが良い写真がとれてます
今はただただ写真を撮る事が楽しくて・・・・
[2008/04/15 02:21]| URL | ニュータイガー8#-[ 編集 ]

何とコメントを書いてよいかわからないほど
大変な毎日なのに淡々と書かれていて
感動しました。
あのカメラで撮影されたのですか?
河津さくらは毎年夫と行くことにしていましたが
今年は行けませんでした。
いつも菜の花とさくらという同じ様な写真になってしまいますがさすがですね。
赤い橋とさくら。
[2008/04/14 23:01]| URL | yu#-[ 編集 ]

sarasaさん

コメント有難う御座います
体力づくり、脳細胞の活性化は同感です

元気でありたいですね
お互い頑張りましょう
[2008/02/16 21:06]| URL | ニュータイガー8#-[ 編集 ]

こうして、一日の日課を読んだだけで、
ため息が出て疲れてしまいました。
ほんとうに、ほんとうにご苦労様でした。

こんなに大切に介護してもらえて、
お母様はお幸せでしたね。

介護するべき親は4人とも既に逝きましたので、
今度は自分が介護される番・・・
でも、最期のときまで介護の必要の無いようにと、
体力づくり、脳細胞の活性化、がんばります~
[2008/02/16 20:32]| URL | sarasa#mQop/nM.[ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。