スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ストレッチで若さを
運動は欠かさず行っているのですがサボりがちなのがストレッチです
ストレッチの大切さを忘れないために記事にしました


ストレッチは日常動かさないような筋肉を伸ばすことで
体の可動域を広げ血流を良くし、以外なことに脂肪を燃焼し代謝を高めます
illust2843[1]
人は加齢とともに体の柔軟さがなくなり姿勢が悪くなり老化が進みます
悔しいですが、この言葉とても嫌な響きですネ(^.^)


ストレッチで体の可動領域を広げ体を柔らかくすることで若さを保つのです
私はストレッチでアンチエイジングを心がけるようにしています
この暑さですので時々はサボリがちです(--;)

0719ゆり1

寝つきが良くなり疲れも取れやすくなり腰痛の予防にストレッチは役立ちます
ストレッチ30分強でカロリーの消費が100kcalもあるそうです

0719ゆり2

ストレッチは誰にでもでき他人と比較したりする競争する運動ではありません
息を吐きながら筋肉をゆっくりと無理なく伸ばすだけです

皆さん可動域を広げ体を柔らかくして若さを保ちましょう
関連記事は 2011・12・12→ここから


スポンサーサイト
[2012/07/30 15:07 ] | 健康/サプリ | コメント(6)
家族でのピクニックを楽しみましょう
家族でピクニックを楽しむことが家族のコミュニケーションをより向上させてくれます
illust3353thumb[1]
とくに子供が幼稚園、小学生の頃にできるだけ多くの思い出作りをすることで
より家族が深まります

0719戸川公園9

母親が中心でのピクニックではなく家族全体で企画して家族が輪になって
食事をして会話を交わすことでコミュニケーションが得られます
ピクニックは家族にとって最高の場になるのです

写真をクリックで拡大します
0719戸川公園タテの60719戸川公園タテの70719戸川公園タテの8

秦野戸川公園の美しい自然を観ながら息子が小学生のころの家族でのプチ旅行や
ピクニック、海遊びなどを思い出しながらもっと色々なところに
家族でピクニック等に行くべきだったと反省しています

0719page3

仕事人間だった私には仕事と家族とのコミュニケーションの
バランス感覚が悪かったのではと何故か思えて仕方ありません


[2012/07/26 11:01 ] | 神奈川を散策
秦野戸川公園までドライブ
先週の水曜日、朝のテレビ番組で秦野戸川公園が紹介されました
はじめて聞いた公園名でしたがTVに映しだされた光景が素晴らしく
illust2872[1]
翌日朝食をすませて、すぐに秦野戸川公園に向うことに

0719戸川公園1

公園は丹沢の山々から流れる水無川の自然を生かした都市公園です

0719戸川公園page1

水無川の右岸と左岸に分かれた地形を利用し風のつり橋と
丹沢の風景を背景にレクリエーション施設やBBQや川遊びができます

0719戸川公園2

自然の中にも遊具もあり
飽きることなく子どもたちが一日中楽しく遊べるところです

ライン1

写真を撮りながら息子が子供だった頃、家族でのレジャーを思いだしては
いくつになっても自然とふれ合うことの大切さを痛感しました
想像していた処より遥かに良い処でしたよ

[2012/07/23 14:37 ] | 神奈川を散策 | コメント(12)
暑中お見舞い
                   暑中お見舞い
                   申し上げます



梅雨が明けたら猛暑になりましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか
私は毎日、運動を欠かさず元気に頑張っています

sy_095[1]

皆様も体に気をつけ仕事にセカンドライフにお互い頑張って行きましょう
いつも私のつたない記事にもかかわらず拍手ボタンを押していただき
とても私自身の励みになっています



これからも色々な方面に視野を広げ頑張っていきたと思っていますので
今後とも宜しくお願い致します


[2012/07/20 14:50 ] | ブログ一般
処方薬そんなに必要なの
子供の頃、病院にいくと、やたらとお医者さんの問診が長かった記憶があります
しかし最近の病院はどうでしょう症状を話しただけで、すぐにCT検査や血液検査です
02420C4B0BFC7B4EFA1BFStethoscope[1]
検査結果をみて問題はありませんと言いながら念のために薬をだしておきますネ
実際どうなんでしょうか患者との問診を簡単に済ませてCT検査や血液検査をして
問題はありませんでしたと言いながら処方薬をだすお医者さんとは

0101ムクゲ5

私は医師でも病院経営者でもないので、そこら辺りはよく分かりませんが
検査や無駄な薬をだすことでの利益追求とは思いたくありませんが


病院の待合室での患者さん同士の会話より
某大手総合病院の整形外科で、これは50肩ですと診断されたそうですが
あまりの痛さのため別の病院で見てもらうと骨折だったそうです

0101ムクゲ4

注射をうつ時に空気が入っていないか確認するものですが全く確認もせず
注射をうつお医者さん等なんとなく怖さを感じますよね


私が一番怖いと思うのは処方薬の種類のことです、両親の介護をしていた頃
母は8種類の処方薬をX朝・昼・晩の3回=一日に24錠飲んでいました

page2ムクゲ

本当にこんなに多くの薬が必要なのかと、たえず疑問に思っていました
ぜひ読んでもらいたい関連記事は 2007/04/17→ここから
t_sep01_m25[1]
高齢者の不意の転倒なども2種類以上の処方薬の服用による
副作用とも言われています転倒のリスクは
1種類の処方薬を服用している人の2.5倍あるそうです
医療行為にはリスクが伴うものなんですネ

[2012/07/16 14:19 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(19)
若虎 ヒーロー候補よ羽ばたけ!!
私が阪神ファンになった理由は両親が熱烈な阪神ファンだったことと
生まれたところも甲子園の近くだったからです


小学生のころ子供ながらも巨人は野球のエリート集団にみえました
私の中では、そのエリートに立ち向かうヒーローが阪神だったのです

0710良太は元気page1

当時の阪神の中でも村山 実こそ私にはヒーローなのです
テレビを通じて村山の凄さを感じた私は球団宛てにファンレターを
出したところ、すぐに返事がきました
toraneko21_c[1]
小学生の私に対しても丁寧な文章だった記憶が今でも残っています
この手紙が、のちに私が野球部に入る動機にもなりました
関連記事は→ここから

高1のとき練習で肩を壊し野球を断念しなければならなくなりました
プレイは断念したけれど阪神タイガースに対する
熱い思い入れは今も続いています

0710良太は元気page2

昨日、久々に阪神が勝ちました若手の新井良、今成、柴田、などが元気に
頑張っている、その姿をみて阪神ファンを卒業することが出来ない私がいます


若手の育成は消化試合での起用ではダメですAクラスの可能性のある時に
起用してこそ育つ可能性がみえてくると思います

今日も六甲おろしを聞いてみたい

続きを読む
[2012/07/11 14:59 ] | 虎党:阪神タイガース
胃瘻(いろう)手術について(2)
胃瘻(いろう)手術について書いておきます


口から必要な栄養を摂ることが出来なくなった時おこなう手術です食べ物の
のみ込みが上手くいかなくなって、むせてしまったり

食べ物が肺に入って肺炎を繰り返し起こしてしまう状態の時に胃に穴をあけ
チューブをつけ栄養分や水分を胃に流し込む処置のことです

0609菖蒲page1

最近、胃瘻の是非についての話し合いが新聞などで紹介されています
年老いた高齢者に胃瘻手術をすることが無意味な
延命処置になっているのではと言う議論です


過去記事に胃瘻手術の記事があります 2007/05/23・ここから
          参考になれば胃瘻手術(1) 2011/12/16・ここから

私の考えですが老衰末期に体の自由がなくなり食べ物を受け付けなくなっているのは
ターミナル(最後の時)に向かって体が準備を始めているのだと思っています

0614菖蒲page2

だから私の場合は、その立場になった時は手術を受けるつもりはありません
手術後のケアが悪いと回復できる力があっても寝たきりになることもあり
意識が回復しないまま最後を迎える場合も多々あると聞きます

0101さくらライン2

胃瘻手術は年齢、体力、手術後に社会復帰が可能なのか、術後のケアは等を
総合的に考え状況に応じ、よく吟味して判断しなければなりません
無意味で不幸な延命処置だけは避けなければなりません

続きを読む
[2012/07/07 14:39 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(20)
理想はピンピンコロリ
ワイドショーなどでよく耳にするのがピンピンコロリ(通称PPK)
元気に生活をして病気もせずポックリ逝くことを簡潔に表現した言葉です
k7511391[1]
私自身はコロリにはまだ早いと思っていますが両親を亡くしてからは
何故か私の頭の中からPPKが離れません(^.^)

0507らんー1

私は寝たきりの両親の介護をしながら介護する側の辛さを体験しながら
介護される側の精神的な辛さと悲しさを知ることも出来ました


だからピンピンコロリは私にも家族にとっても理想の逝き方だと信じています
写真をクリックで拡大します

0507らんー3

私自身の希望は介護施設などの世話にもならず生涯を終えたいのです
元気なうちにコロリと死ぬのが一番の幸せだと思っています

私は長生きは望んでいませんがPPKで逝くには健康でなくてはなりません
だからこそ今の体力の維持だけではなく鍛えているのです

ライン1

ピンピンコロリは今は亡き両親が最後に介護体験を通じて
私に教えてくれたことだと思っています


[2012/07/04 13:58 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(24)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。