スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ストレスフルMAX
阪神、中日に3連敗です、今回もがとれないとれない病です
首位中日とのレベルの差を痛感させられました
IT_2101MXF00040[1]
あげくにミスの連発です、阪神ファンとしては”ストレスフルMAX”です
選手は年俸、人気に見合った仕事が全くできていません

子供の頃から阪神を応援してきて、ここまで気持ちが盛り上がらない
ストレスフルMAXの、こんなシーズンは始めてです


0629阪神勝ちたい
0101虎のライン
阪神の選手は覇気はないし凡打に終わっても悔しそうな表情もありません
どう、ひいき目にみても戦っていることが観てる側に伝わってきません
試合が始まる前から今日も負けだろうと思ってしまう
どうした監督2

しかもチームとしての勝利に対する連帯感が、まったくみえてきません
最近はスタメンを見ただけで新鮮味もなく、また~このスタメン
今日も駄目かと自然に思ってしまいます



地元の関西圏のテレビ中継も視聴率が不振らしく観客動員数も落ち
関西圏の阪神熱が冷えてきているようだとスポーツ紙に書かれています

福留、松井、五十嵐の獲得に動いたら最後暗黒時代に突入ですよ
いや和田監督の選手起用をみていると、すでに暗黒時代そのもかも知れません

0629阪神勝ちたい2

キャンプではあれだけの練習をしていたのに一味違う野球を実践することもなく
期待された若手も1軍から姿を消し、残ったのは名ばかりの超高級取りの選手たち
試合展開といえば毎度おなじみの大雑把な併殺打野球
フォア.ザ.チームの言葉さえわすれたダメ虎たち


若手を抜擢せずベテランに頼った真弓監督時代と何か変わったのでしょうか
私の眼には同じに映る今日この頃です、それでも応援するニュータイガー8です
独り言なのでコメント欄閉じています


      関連記事は→ここから
スポンサーサイト
[2012/06/29 15:35 ] | 虎党:阪神タイガース
遠足が原点だった
朝の散歩をしながら小学生の頃の友達やクラスメイトの顔と
遠足運動会のこと等が思い浮かんできました
onigiri[1]
小・中学時代の遠足や運動会はとても楽しい行事でした
遠足や運動会の前の晩などは興奮して中々眠れませんでした
当時の遠足は歩きでバスなどは使用していませんでした

0512page8

今の私は血糖値の問題もあるので毎日有酸素運動を欠かしたことはありません
そのおかげで血糖値はここ4年間薬を使わず正常値を維持しています

友人に4年間も毎日運動するのは大変ではと言われるのですが
私自身は以外と苦痛ではなく楽しく運動しています
まぁ~ときには面倒と思うこともありますが


小・中学時代を振り返ると実に多く歩いたり走ったりしたものです
遊び以外でも野球部だったので特に多く走らされました

0512page9

0101さくらライン2
運動すると血行がよくなり代謝もよくなるので体を動かすと逆に
だるさがとれるので今では運動なしの生活は考えられません

しかも健康も若さも得られるのですから最高です


小・中学時代に歩く環境があったことに感謝しています
因みに1日の運動時間は1時間半~2時間半です

[2012/06/26 14:17 ] | 健康/サプリ | コメント(16)
趣味を心から楽しむことが
目的地に向かう車の中で今の自分はカメラ趣味なんだと思っていました
ブログを始める迄まったくと言っていいほどカメラには興味がなかったからです
a0002_002357[1]
現役時代は趣味と言えるものは無かった気がします
ゴルフも仕事での付き合い程度です、ただ道具にはこりましたが

0619浄智寺ページ1

仕事仲間と酒を飲みながらワイワイガヤガヤと楽しむだけではいけないと思い

30代のときに新築したおりにオーディオ&シアタールームを作ったりもしましたが
仕事が忙しく3年ほどで物置状態になりました

0619浄智寺ページタテ4

仕事での壁や取引先との交渉ごとなどを考えながら趣味を楽しんだとしても
効果的なストレス解消にはならなかったからです


振り返ればメリハリのある生活を送る為にも、それなら真から趣味を
楽しむべきだと思いながらも当時は楽しむほど心に余裕が有りませんでした

0619浄智寺ページ2
明月院からの帰り道、浄智寺のアジサイも撮ってきました
1108紅葉ライン1
今はどうかと言えば、この被写体は、この構図で撮ろうと決めた瞬間
私の心は100%リフレッシュし、ストレスが消える
この瞬間こそ無我の境地です


花の美しさを知りカメラをもっての散策が楽しくて仕方ありません
いま趣味を心から楽しむことができるようになった気がします

[2012/06/23 16:14 ] | 湘南/鎌倉を散策 | コメント(18)
明月院はアジサイが満開
毎年この時期になるとカメラをもってアジサイを求めて散策をします

0619アジサイ素材1

アジサイとくれば鎌倉のアジサイ寺の明月院は外すことはできません

0619アジサイ1

昨日は台風4号の影響で午後から雨とのことなので開門にあわせての出発です
開門の8時半には入り口はすでに行列できていました

0619アジサイ3

まさに花の隅々までが満開でアジサイの美しさを思い切り満喫できました
写真をクリックすると拡大します

0619アジサイのタテ10619アジサイのタテ20619アジサイのタテ3
0619アジサイのタテ40619アジサイのタテ50619アジサイのタテ6
アジサイの時期に幾度となく、ここ明月院にはきましたが
今回がタイミングもよく今までで一番美しいアジサイを観ることができました

0619アジサイ4
0619アジサイ5

凄い数のアジサイが、成長期のごとく、すべて元気に咲いていました

0101さくらライン2

雨と日差しのコラボが今までにない美しさで初めて私にみせてくれました
決してオーバーな表現ではなく素晴しかったです
明月院の関連記事 2011/6/18ここから


[2012/06/20 10:59 ] | 湘南/鎌倉を散策 | コメント(18)
プチ旅行・・あの頃は冒険
私は旅行や独りドライブが好きです
ドライブに関してはタイトル:ドライブを楽しむで書いたので
今回はプチ旅行について書いてみようと思います


日常エリアを離れた瞬間すでに旅行は始まります
私にとっては日帰りバスツワーでも立派な旅行になるのです

page2.jpg

小学4年の時、友人たちと自転車で行ったことのない隣り街にでかけた時
普段と違った景色を眺めてはワクワク感を覚えたことを思い出されます
当時は10k先は冒険の世界だったのです

c-2[1]
あの頃この道の先はどんなところだろと思ったことが何度もありました
一度もみたことのない、この道の先に行ってみたい

不安と好奇心で一杯だったあの頃の気持ちが大人になった
今でも私の心の中のどこかに残っているのでしょう

20080917_216447[1]

旅行を通じて楽しむ気持ちが自己の確認やまた違う自分を
発見する機会が生まれるのだと思っています
さぁ~小さな旅をこれからも楽しみます


関連記事2011/02/24 ここから
[2012/06/17 19:18 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(28)
横須賀しょうぶ園・・・満開
朝食をとりながら何を思ったのか菖蒲の花を観たいと思ったしだいです
横須賀のしょうぶ園が頭の中に浮かんできました


検索したところ勘があたったのか今が満開だそうです、もう行くしかありません
写真をクリックすると拡大します

0614しょうぶ5
0614しょうぶ9

今日は平日なのにしょうぶ園はすごい混みようでした
途中の鎌倉も人があふれでるぐらい混んでいました

0614しょうぶ10614しょうぶ2
子供たちと菖蒲..子供たちのしぐさが可愛いですよ
0614しょうぶ30614しょうぶ4
珍しい6月なのに赤トンボですよ
0614しょうぶ60614しょうぶ7
412品種14万株が品種ごとに植えられ、それは見事に満開でした
今回は菖蒲の花と人との構図で撮ろうと決めていきました

0614しょうぶ8

タイミングよく小学生が写生にやって来ました、なんだかあたり全体に
活気がでてきました、やっぱり子供たちの元気さは宝ものですね

私もそんなことを感じる年代になってきたのですネ


写生を始めた子供たちは、わいわいガヤガヤと楽しそうに書いています
菖蒲と子供たち上手く撮れれば良いのですが


関連記事2010/06/24 ここから
[2012/06/14 14:33 ] | 神奈川を散策 | コメント(10)
北海道プチ旅行(最終章)・・・小樽
北海道を代表する観光地の小樽は、古くはニシン漁として栄え
また札幌の外港として北海道でいち早く近代文化が入り発展したのです


小樽観光のメインスポットはここ小樽運河この運河に沿って石造りの倉庫や
小樽の歴史的建造物などが点在しています

0528小樽1
0528小樽2

ガラスの町、寿司の町、石原裕次郎のふるさととしても知られています
寿司は以外と値段が高いのには驚きました

0528小樽タテの50528小樽タテの60528小樽タテの7
写真をクリックすると拡大します
0528小樽タテの80528小樽タテの90528小樽タテの10
観光客で賑わう小樽運河のまわりには倉庫を改築したレトロなレストランや
観光土産屋などがたくさんあり独特な雰囲気を持った街並みになっています

0528小樽3
0528小樽4

昔の面影は運河沿いに並ぶ石造り倉庫群や北のウォール街と呼ばれた
当時の歴史的建物をしのぶことができたでしょうか

この小樽を最後に私たちは新千歳空港から帰路につきます
北海道プチ旅行を終わりまで見ていただき感謝します
今回はクイダオレ旅行に近かった気がします


[2012/06/11 15:07 ] | 旅行とスナップ
北海道プチ旅行(4)・・・旭山動物園
日本最北にある旭山動物園に行ってきました
この動物園は動物の自然な生態が見られる行動展示で有名なのです


北海道を代表する観光地として定着し日本国内だけではなく
ここもまた海外からも数多くの観光客が訪れています

0527旭山1

テレビでも紹介されていたとおり展示には工夫がなされていて
動物たちの動きを間近られる造りになっています

0527旭山2
0527旭山3

知っている大都市の動物園と比較すれば動物の種類は少ないです

0527旭山5
0527旭山6

園内は斜面に造られていますので気がつくと結構疲れていました(^.^)

観てまわるのが楽しく感じる動物園で、あっという間に
2時間がたっていました

[2012/06/07 14:45 ] | 旅行とスナップ
北海道プチ旅行(3)・・・富良野
私たちは札幌市~岩見沢~三笠~桂沢湖~富良野を目指します
富良野は田中邦衛主演のドラマ北の国からの人気により
北海道を代表する観光地になったところです

0527四季彩の丘1-1
日本中を感動の渦に巻き込んだ名作北の国からは富良野の
大自然を舞台にした小さな家族の大きな愛の物語です

0527四季彩の丘3

富良野のシンボルでもあるとみたファームは休日ともなると気候に
関係なく若いカップルで大変賑わうそうです

0527とみたファーム10527とみたファーム2

ラベンダーやスキーなどの観光産業に力を入れているところです
ブドウの栽培も行っておりワイン工場があり、北海道らしく
牛乳やチーズなどの乳製品の生産も行われています

0527四季彩の丘4

今回の旅行では残念ながらラベンダーの季節には早すぎました
シーズンになれば丘一面にラベンダーが咲き誇るそうです


6月末から7月初旬の富良野は、きっと素敵でしょうネ
今回は新緑が見事に綺麗でしたよ


[2012/06/04 15:15 ] | 旅行とスナップ
北海道プチ旅行(2)・・・登別は地獄谷
札幌から観光誌で日本一にランクされたこともある登別温泉に出発です

観光客の話す言葉が中国語や韓国語のオンパレードです
海外から訪れる人々も年々増加しているどころか
大半の観光客は中国人でした

0526登別1-1
地獄谷の駐車場の観光バスはすべて中国人観光客のバスでした
0526登別2

地獄谷は日和山の噴火活動によりできた爆裂火口の跡です
その規模は約11haあり直径は約450mもあります

0526登別40526登別5

地獄谷の地表には小さな爆裂火口や噴気孔や湧出口がありガスと高温の
温泉が湧出している光景が観光用の歩道から観ることができます

0526登別6
観光用歩道では中国語しか聞こえてきませんでした
ここはどこ?」日本or中国、一瞬ですが勘違いしそうでした

0526登別7

このエリアに15ほどの源泉の穴が密集していて毎分3000リットルの
温泉が湧き出しているそうです

ここの景色はきっと冬の雪景色がよく似合うと思いました
冬の北海道もいいだろうな~

[2012/06/01 16:23 ] | 旅行とスナップ
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。