スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ただただ怖いと思った!
     往診に来た先生が中程度認知症です、少し進みましたねと
           私に伝えた、一瞬ではあるがだろうと思いました


     先生そんな事はありませんよ母は体力は落ちていますが頭はまだまだ
        大丈夫ですよ、と思わず言ってしまいました、認めたくなかった

0101介護の11
   
    埼玉のA病院で重度の認知症患者が鎖に繋がられ獣の様な生活がテレビで
    放送されたシーンや特養ホームの痴呆棟の光景が幾度となく甦ってきます


    認知症と言う言葉は綺麗ですが、簡単に言えば痴呆症でありボケの事です
     (不適切な言葉を使い申し訳ありません、ここではあえて使用しました)

of5-21.jpg

       私は母の寝たきり生活のなかで介護を通じて少しづつですが母の
              変化を(進行具合)感じていた筈なのですが


             これ以上認知症が進行したらと思うと怖くて怖くて
                果たして母が重度の認知症になった時に

              私はその現実と向き合う事が出来るのだろうか

スポンサーサイト
[2008/02/29 12:34 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
セピア色の母の青春
    母の介護を始めて1年ぐらいが過ぎた頃です話上手な看護師さんは
         いつも看護をしながら母と色々な会話を楽しんでいます


           は大正生まれですが身長1m66cmありました
  看護師さんが○○さん何かスポーツをしていたのですかと母に尋ねました

0101バスケ

     女学校の時にバスケットボールをやっていましたよと母が答えると
     看護師さんは不思議そうに、え~バレーボールではないのですか?


  母は「本当はネ、バレーボールをするつもりだったのと言いながら (*^_^*)

蓮の花1
いろいろと思い出したのか
少し照れ笑いをしながら

バスケット部の監督から
バスケットをやってみない
かと誘われたのがキッカケ
で始めたそうです

そのバスケの監督は女子
生徒の憧れの的でとても
人気のあるハンサムな先生
だったそうです

母親にも、そんな青春の
思い出があったのですね
なんだか想像もできません

ちょっと楽しくて興味の
ある話になりました(^。^)

      母はその頃のセピア色の記憶を思い出しながら私と看護師さんに
              少し照れながらイタズラぽく話してくれました


[2008/02/26 10:16 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
辛さの削除
     介護に関しての記事は7年間記憶をたどりながら書くのですが
        タイトルになるものが順番どおり頭の中に浮かんで来ません
           あれだけ色々出来事があったからでしょうか


    それは介護での辛い出来事はなるべく自分の頭の中の記憶装置から
        削除していた気がしますイヤ!間違いなく削除していました

 称名寺の9

        ストレスを感じ精神バランスを保てないと感じた時昼夜を問わず
        空いている時間帯に眠りに入るのです30分位しかない時でもです
             4-2[1]
       不思議と夢は一度もみませんでした99%位の確立で念じた時間に
             起きる事が出来ました、これが私の逃避です

       その削除は毎日の様になって行きました、この削除行為のおかげで
              7年間の介護が無事に出来たと今では思います

[2008/02/21 22:36 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
2月15日の伊豆
           この日は素晴らし天気まれたでした
                しかし風が強いのが少し残念です


   介護の現実をブログに記事として書くと内容がどうしても重くなってしまいます
         気分転換にと思い伊豆景色を載せる事にしました

伊豆6

     連着寺では、ボケ予防の観音さんに出会いボケ予防を願いました
  このあたりは連着寺から海洋公園~門脇崎灯台~門脇つり橋と見所満載です

伊豆

         門脇崎灯台の展望台からは伊豆七島や天城連山が見えました
      たまには水平線を見るのもいいものですね広角レンズで撮りたいですネ
        いやいや~贅沢はいけませんネ、でも気持ちはノビノビできました
                                  ドライブーその2
       時たま海からの風が吹くと門脇吊り橋が揺れたのには迫力を感じました
              つり橋は長さ48mで海からの高さは23mです

             今日は揺れて写真はブレていたので削除しました


[2008/02/19 11:32 ] | 神奈川を散策 | コメント(0)
介護後遺症からの脱出
        
 私の24時間とは
★朝起きれば寝たきり母のオムツ交換で始まり ★母の朝食準備~★朝食介助
★訪問看護師さんが来るまでにその日の処置の準備~★看護師さんの手伝い
★寝巻き等の洗擢~★両親の部屋の掃除~★昼食の準備~★昼食介助

    ・・・・・ここで一区切りがつき役2時間半の空き時間ができます・・・・・


  この空き時間を利用して父のいる病院or特養老人ホームに見舞いに行きます
  見舞いに行く回数は病院の場合は毎日です・・・特養の場合で週2~3回です
  見舞いに行かない日は☆父母に頼まれた物やオムツ・ガーゼ等の買い物です

            0101金魚の素材1
             ・・・・・夕方にはヘルパーさんが来ます・・・・・ 

★準備とヘルパーさんの手伝い~
★夕食の準備~★夕食介助~★昼夜を問わず不定期な下痢便処理

★夜7時からは・・・約1時間半ぐらい母のベットの横の椅子で母との雑談をします
★9時にオムツの交換をします ★朝までに最低2度は母の様子を見に起きます


他には★月2度は内科の先生の往診です  ★月1度は皮膚科の先生の往診
★不定期で整形外科の先生の往診・・・その都度処方箋をもらいに病院と薬局に
★酸素器の点検が月1回  ★ケアマネ訪問が月1回  ★水分補給

河津さくらーその1

                      (日曜も祭日も正月も、同じです、365日x7.6年
   介護生活が終わり自由なのだから旅行にでもと思うのですが何故か家を空ける
    ことが出来ません家を空ける事が罪悪感の様にプレッシャーがかかります


   でも今回は勇気をだして女房とまずは近くからの1泊旅行をする事にしました
     伊豆の河津桜を見にいく事に介護が終わり1年10ヶ月がたっていました


[2008/02/16 10:21 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(4)
オムツと床ずれ
      私の母は寝たきりの為トイレで用をたす事が出来ませんでした
       ポータブルトイレも購入したのですがベットから降りる事が
               できず一度も使用しませんでした

                         ◇

     結局オムツの中で用をたすしかないのです、床ずれが一番出来やすい
     場所が仙骨の辺りです、床ずれの箇所に尿や下痢便が付くと
              がでたり色々な合併症が起こります

称名寺の2

                      体位交換など
      行った際にオムツが少しずれたりすると失禁(尿)が尿とりパットや
         オムツに上手く吸収されず漏れてしまう事も多々あります


                     オムツを購入する
      際は手間を考えたら安いものよりフィット感のあるものを選ぶ方が
            後々楽だと思います少し値段が高くてもです

称名寺の1

        今では尿や下痢便に対処できる使い勝手のいいオムツやパットが
                どんどん開発されているかも知れません

  
                        年配者の人は
        皮膚そのものが薄くなっており今日なんともないところが翌日には
            床ずれになっている事があります、それは驚く早さです 

[2008/02/12 11:09 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
寝たきりの母の着替え
               寝巻き着替えるそのがきました
           母の着替えなど私一人で充分出来ると思っていたのです
                  それがなかなか上手く行きません


  着替えの作業だけになんと45分もかかりました、いやはや情けなくなりました
          風邪をひかしてはいけないと思うと余計に焦りがでてきます

0101素材の18
     翌日、訪問看護の看護師さんに着替えの仕方を詳しく教えてもらいました
     寝巻きの着替えがスムーズにいくようにといろいろ工夫もしました


                            ◇

   寝巻きの着丈を膝上まで短くします、長いと絡みやすく着替えの邪魔になります
         寝巻きの生地はガーゼ生地が柔らかくて最適かと思います

          短くなった分、毛糸の長い靴下を裏返して履かしてください
  縫合部が外側になる様にします訳は足の指の周りに床ずれが出来ないようにです

称名寺5
     袂の腕がでる所を広くすること着替えの時、腕が通りやすくなるからです

            帯紐は使わず代わりにマジックテープを使うことです
         縫い代の部分が肌に当たると床ずれが出来やすくなるからです
            着替えも慣れてからは2分ほどで出来る様になりました

[2008/02/07 16:15 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
走行距離やっと20,000k突破
        現在乗っている自動車は今から12年前に購入したものです
   12年間かかって・・・どうにか走行20,000kです・・・少ないですね


     一度は外車に乗ってみたい気持ちとデザインが国産車のように
      モデルチェンジのサイクルが早くない事が・・・購入の動機でした

ベンツE切抜き

   今度買う時は小さいのを買おうか(贅沢は出来ないからな)
                        なんとなく寂しい思いを感じてしまう(^。^)


ホイル1
後何年運転が出来るのだろうか(ネガ心理)
次の車が人生で最後の車になるのだろうか・・・だったら
今迄乗った事のない小回りの効く小さな四駆にでもしょうか

年老いた時に今日の様な雪の日に出かける事を考えると
やっぱり四駆がいいのかな、そんな事を考えていたら
1時間がたっていました


    現役時代は経営者として立場上3ナンバーの高級車を乗っていたが
             これからは楽しめる車がいいな~と思う、しかも(笑)安いので



[2008/02/04 10:03 ] | 未分類/雑言&戯言です
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。