スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
お袋とかっぱえびせん
   ”やめられない、とまらない”かっぱえびせん知っていますか
        母が亡くなる1年前の頃です母はすでに6年半寝たきりです


      或る日、母がかっぱえびせんが食べたいと言ったのです

        私は今までかっぱえびせんを食べた事がありませんでした
      私は歯のない母に「お袋、煎餅なんか食べられるの」と尋ねました

               かっぱえびせん

       私は毎朝、仏壇に向かい祖先供養と父母の供養をしています
                 ただ供養と言っても我流ですが
            私は仏壇のお供えものを毎朝買いにいきます
   
          何故か今日は何時もと違う陳列棚を覗いてみました
         そこにかっぱえびせんがありました私は一袋買いました

0101かっぱえびせん20101かっぱえびせん3

          私はかっぱえびせんをひとつ食べてみましたクチの中で
      シュワーと溶ける食感です”お袋、御免”と心の中で叫びました

     母が亡くなる1年前かっぱえびせんが食べたいと言ったにもかかわらず
       煎餅は固くて食べられないと勝手に思い買って来なかったのです


             母が「かっぱえびせんが食べたい」と言ってから
      2年4ヶ月後に仏壇にお供えする事ができました遅くなってすみません
                お袋かっぱえびせん一杯食べて下さい



スポンサーサイト
[2007/08/30 05:22 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
人間は変われるものなのか
         友人Fの若い頃はとてもダンディーな男として
     仲間うちでも評判でした本当に若い時はカッコイイ男でした


        今、私の前にいるFは、どうしたことか、ただのオッサンです
          洒落けもなく大きな声で話しかけてきます会話の中で
    自分は若いと言うのですが同年代より上に見える、ただのおっさんです

 0101丸ボケの1

   友人Fは訳の分からん駄洒落を随所にいれながら、しかも親爺ギャグ
   自己採点をしているのです、いい時は嬉しそうな顔になり満足そうな表情になる


        昔はお洒落で渋く、どちらかと言えばクールなタイプの男でした
              友人Fはどうして、こうも変わってしまったのか


湘南その3湘南その4

              では私はどうなんでしょうか
      人間自分の事は分からないものです、なんだか不安になってきました

           こんな記事を書くことじたい今の私はどうかしていると思う 

[2007/08/24 14:30 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(0)
90歳の老人を看護師が虐待
            ”90歳の老人を看護師虐待する”
       その現場をビデオで撮影されたものをテレビで放送されたのです

            90歳の老人の顔や胸のあたり何十回と殴り付ける
              中年女性看護師の姿が写しだされていました


                    
        虐待行為が表に出てくる事は氷山の一角でしかなく
          現実は相当数虐待行為があろうかと思います

 あか3の1

    少し乱暴な男性入所者がいました、看護師やヘルパーさんの指示にいつも
       逆らっているのです、良く言えば元気な爺さんとでも言いましょうか


  その爺さんが私の顔を見ると何か助けを求める表情で私に寄ってきたのです
     その爺さんの両手の手首から上が大きく内出血の痕がありました

江の島2の14江の島2の15江の島2の16

    聞き分けの悪い利用者に対して言い聞かせる時に利用者の手首や腕を
         相当強く握り締めていました殴った場合は見ても分かるが
          強く握り締めた場合は後で理由は何とでもつけられる

          私の独断ですが虐待はこれからも減る事はないでしょう


[2007/08/21 16:16 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
大雄山 最乗寺に行きました
         知人から以前なかなか良い所だと聞いていたのですが
               お寺の名前を覚えていませんでした
          そのあたりを"PCで検索"する事にしました


    あまり期待はしていなかったのですがその名は最乗寺と分かりました

0101天狗

                   天狗信仰寺院です                  


        鬱蒼とした老杉に囲まれ森の中に350段あまりの階段を登ると
           奥の院につきます大雄山のもっとも高い所だそうです
                膝の悪い私にはキツイものがありました

       最乗寺の階段
        最乗寺は想像以上に立派なお寺でした鎌倉以外でも神奈川に
           こんなに立派なお寺があるとは思いもしませんでした
                お寺としての規模も大きなものでした
 
    ここはまるで別世界のごとく静寂な空気が澄んでいる最乗寺ワールドです

最乗寺その3

       自分の中では神奈川県人ではなく生まれ育った兵庫県人としての
         思い込みが強いのです、でもこうして神奈川を散策することで
            愛着のようなものが新たに芽生えてきた気がします


[2007/08/17 14:06 ] | 神奈川を散策 | コメント(2)
特養老人ホームの出来事(4)
         元気だった入所者の老人がいつのまにか車椅子
          使用しています、しかも複数の入所者が車椅子の
                 生活に変貌しているのです


          たしかに歩きかたは足が弱っている事は私の目にも
       分かっていましたがさえあれば充分一人で歩ける入所者の
              老人を車椅子の生活にさせていました

黄色の花その5

      転倒されて怪我でもされては困る、又は年老いた老人を移動させる
 介助も大変だと、そこで車椅子を使うことが平然と行われているのでしょうか

0105フラワーその12
もし私がその老人として思う事は
車椅子の生活に慣れてしまうと間違い
なく足腰は弱り自力でトイレにも
行けなくなるでしょう

他人の力を借りて行くトイレより自力
で行きたいものだと思うのですが

他人の力を借りて行くトイレが想像
できるでしょうか

施設からはいつの間にかリハビリ
担当者はいなくなり
リハビリコーナーも消えていました

施設側は代わりのリハビリ担当者を
雇うことは有りませんでした


     大変だとは思いますが利用者の老人が少しでも快適にすごせる環境を
                     提供してほしいものです


[2007/08/11 09:32 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
いつでも会えると思っていた
          同年代の友達を見ても決して若か若しいとは言えません
              自分も含め、気分はまだ若いつもりなんですが


     知らず知らずに姿勢も悪くなっていきますあぁ~背筋を真っすぐに意識してと

   of5-11.jpg

          デジカメ、水彩画、散策とシニアの趣味は色々と有りますが
       楽しいと思えるのですが何故か、どこか自分らしくないような気がします
             そんな時どうしても昔の仲間や友人を思いだします    


       互いに年輪を重ね今では消息がまったく分からないのも何人かいます
        すでに若くして亡くなっている友もいます聞いた時はショックでした
              その中には、すごくあいたかった友人がいました           

 湘南その5湘南その6

           私の人生は30代、40代は大変忙しく充実したものでした
         勿論辛い事もありましたが何しろ忙しいく毎日が過ぎていきました

        友とは、いつでも会えると思っていた認識の甘さを今、後悔しています
         もっともっと友とは蜜に連絡をしておけば良かったと反省しています


[2007/08/07 16:45 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(0)
横浜での食事会
        昨日は昔からの友人と飲み会ではなく食事会です
  何故、食事会なのかと言いますと理由の一ツは昼間だからです夜に会うことは
            今ではありません変われば変わるものです


                    もう一ツの理由は
  一人は大腸がんで、もう一人は心筋梗塞が原因で酒を止めたからです
     私の友人の大半は50代の中盤から脳梗塞など色々と患っています
             すでに亡くなっている友人や知人もいます

 元町1山下公園1  
  友人だちは猛烈な仕事人間か、無責任なチャランポラン人間のどちらかです(^。^)

      ただ共通している事は若い頃から暴飲暴食タイプばかりです
            弁解ではないのですが以外と酒癖はいいのです
                酒に強すぎるのかなとも思います

  0101素材の4

         欠点と言えば私も含めて正油が大好き人間が多いことです
        塩分取りすぎですネチーズに正油をかけるのだから驚くしかない
             昔の思い出話ばかりですが会話は弾みました

 
        若い頃は酒を飲みながら朝まで先の見えない人生を語りあった
        友や何時までも元気でいてほしい、そして人生を語ってほしい

[2007/08/01 15:11 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。