スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
特養老人ホームの出来事(3)
    ホームと提携している△△病院に
                  入院する事になりました
                                誤飲からくる肺炎です


    在宅で母の看護で長く担当している看護師さんに父の現状を話したところ
             △△病院の評判はあまりよくなく、あそこはすぐに
                胃瘻(いろう)手術をしたがるとの事でした                                                
       0101病院イラスト           0101介護イラスト3
    胃瘻(いろう)手術とは
           クチから直接食事が出来なくなった人に胃に穴をあけ
            そこから栄養を補給できる様にする手術の事です
    

    薬の処方箋をもらいに病院に行った時の待合室で、ホームでいつも見かける
        利用者家族の人と偶然に出会い、色々とアドバイスをもらいました

  of5-7.jpg

        病院で偶然あった利用者家族の方の経験談が本当に役立ちました
                 その方に心から感謝したいと思います 

           私は相談した人達の考えを考慮しながら病院の担当医師と
           本音で語りあいました、担当医もまた本音で話してくれました


            結論から言えば父の胃ろう手術は受けないことにしました
              話し合うまでに考える時間があったのが幸いでした

  0101さくらライン2

      内容は書く事は出来ませんが私がもし同じ立場の時は手術は受けません
          父は1週間後ねむるように亡くなりました、やさしい表情でした
                     担当医の先生に感謝します


スポンサーサイト
[2007/05/23 16:15 ] | 介護を通じて感じたこと
特養老人ホームの出来事(2)
                 特養ホームで利用者家族の人が
           介護職員と言い争っていたのです

     ”入れ歯接着剤を使用しているのにも関わらず、いつもガタガタなのは
        どうしてですか入れ歯を飲み込んだらどうするつもりですか
                  接着剤を使っているのですか”

         注:入れ歯接着剤は利用者家族が購入して施設に預ける
      ( 購入メーカーはP) 介護職員はその接着剤を使って食事前に
                 利用者に入れ歯を装着するのです


 of5-6.jpg

    介護職員: 
       「ちゃんと使っていますよ、TVの宣伝みたいにはいかないですよ」

    利用者家族:
       「なんですかTVの宣伝は誇大宣伝とでも言うのですか、では
         聞きますが、どう言う段取りで入れ歯を装着しているのですか」

    介護職員: 
        ふてくされた声で説明をする

0105フラワーその9
説明を聞いた私は原因が
分かったので私も話しに
参加させてもらいました
                 
私の父は部分入れ歯です
私が手の不自由な父の
入れ歯の装着をしていた
経験から一言だけいわせ
てもらいました

私はふてくされた態度の
介護職員の入れ歯装着に
不手際があることを
申し訳ないのですが
指摘させてもらいました
        
入れ歯装着の際に歯茎を
拭かずにしていたのです

                    濡れている歯茎に
        接着剤のついた入れ歯を装着しても上手くつくはずがありません
          介護職員:「そんな事、習いませんでしたから」と弁明する

                    なにかずるさを感じますね
                     とても老後が不安です   

      
[2007/05/19 10:15 ] | 介護を通じて感じたこと
特養老人ホームの出来事(1)
      ある日、利用者家族のAさん(女性)が私に施設
                          不満について話かけて来たのです

     Aさんは話の内容は私に代表として施設に訴えてほしいとの事でした

  0820フラワーセンターの17
       私は以前から施設への苦情などは施設長に直接話をしていました
            施設長に苦情を伝えたら直ぐに改善されるのですが
                一週間もすればまた元に逆戻りなのです

       残念な事に運営上のチェック機能が組織として働いていないのです
           何度も同じことを施設長に話すのも精神的に疲れます

  花2
           施設側との家族会でAさんは苦情どころか、こんな提案を
      お世話になっている施設責任者の方達に何かプレゼントをしませんかと
                 この時は出席していた私も驚きました

           この様にAさんは施設に対してと利用者家族に対しては
                      二枚舌でした


  0101さくらライン2

      その後のAさんはと言いますと陰では施設批判を繰り替えしていましたが
             自然とAさんの近くには人が寄り付かなくなりました
              まぁ色々な人がいますネどちらにしても疲れます

[2007/05/13 00:30 ] | 介護を通じて感じたこと
区立の悪徳特養ホーム
特養訪問看護も従業員の定着率悪さがめだちます


施設管理者の従業員に仕事に対する
意識づけ、動機づけ、やりがい、価値観を絶えず意識させていないからです
施設を依り良くなるための改革案の自学力が不足しているのです

0101素材の12
そこで定着率の悪さを補う為に、観光ビザで来日したフィリピン女性を働かせる
東京都文京区立の特養ホームまで出てくる始末です

  
この区立の特養ホームの悪さは施設で日本人が勤務した様に装って区に
満額の介護報酬請求していた事です、まるでチンピラです
実に恥ずかしい行為です、しっかりしろ区立の役員&職員

of5-5.jpg

しかも渡航費やアパートの家賃を除いて月にわずかに6万7000円を
フィリピン女性に給与として払っていたそうです、これは犯罪です
 この区立の特養ホームと暴力団とどこが違うのでしょうか


この事件は今年の2月に社会福祉法人の施設長が良心の呵責
耐えられないと区などに告発して不正が明るみにでたのです

        
続きを読む
[2007/05/05 10:20 ] | 介護を通じて感じたこと
アルバム整理
     小学生時代から現在までの膨大な数の写真を昨年の9月から
          飽きもせずアルバム整理をしています

                        
          分類わけをしながら同じ様な写真はすべて破棄
              写真のレイアウトも新しく考えました

 空白部分に、その時々の出来事や自分の考えなどをワードを駆使しながら記載し
          ブログと共にいつか息子に読んでもらいたい思い

鎌倉文学館5

    整理をしながら自分の歴史を書いた自分誌とも同じ様なものだと思いました
    息子が私のブログとアルバムを読む時は私は違う世界に逝っているでしょう
   
長谷寺2長谷寺6長谷寺5

            40歳からの写真は極端少なくなっています
      40歳ぐらいまでは顔だちもハッキリ写っているのですが40過ぎの写真は
     顔に疲れがでているようで、だから何時しか写真を撮るのを嫌ったのでしょう

               それでは息子にメッセージを残せないと思い
                昨年の夏からは写真を撮る事にしました


[2007/05/01 16:41 ] | 若い頃と最近の私
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。