スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
素晴らしかった1年が・・・笑顔が消え
     どうしても書いておきたかった
                 父がお世話になった特養老人ホームでの話です

                         ◇

      老人たちが喜ぶ企画や工夫が若い従業員の手により随所に
             見られ一部屋(四人)に一人の担当者が付き
       小さな不手際も一生懸命な姿勢に消されてしまいました
        施設内は会話と笑顔であふれていました              


     ところが1年が過ぎた頃、看護師の全員が退社その前後にヘルパーも
     7割近くが退社して行き、のち3ヶ月以内で残りの大半が退職しました
                               0101介護イラスト3
       ホームの雰囲気も悪くなり、どう見ても20人の利用者に対して1人の
        担当員しか就いていません担当員の労働負担は相当のものです
         そしてまた退職者が、施設から笑顔が消えていきました

円覚寺山門円覚寺えー1円覚寺えー2

  新しく入った従業員の配置がディサービスに多くの人数が割り当てられています
 ディサービスは、どちらかと言えば外面です、外面を良くみせることでディサービス
              利用者の数を増やそうとしたのでしょうか
          そのシワ寄せ入居利用者が受けてしまった


    多少未熟ではあるが多くの可能性を秘めた意欲的な若い従業員が
            何故退職したのでしょうか一生懸命に頑張る姿は
                    清々しかったのに


スポンサーサイト
[2007/02/27 10:28 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
父の優しさに触れる
    母が寝たきりになり在宅介護生活が2年を過ぎた頃です
    今度は脳梗塞倒れる
                          0101リハビリの2
   救急車で運ばれた病院は3ヶ月で転院しなければならず次はリハビリ病院に
        リハビリ病院も3ヶ月でその後は老健にてリハビリをする

        私自身も体調が悪くなり血糖値が300近くになり血圧も150以上
            現実は、たっているのが精一杯の状態が続きました
            私個人の健康面のことは女房には話しませんでした

                           ◇

                   父も現状を理解していたのか
      あれほど嫌がっていた特養ホームの入居を簡単に納得してくれました
      それどころか父は私にあまり無理するなよとづかってくれました


     特養ホーム入居の日がやってきました、その日老健を出る日でもあります
        多くの看護師さんやヘルパーさんが見送りに出てきてくれました
   冬の花15の7冬の花15の9冬の花15の1
       80歳を越えた父は麻痺した右手で一生懸命に手を振ろうとしています
           その時の父の小さくなった顔はでグチャグチャでした

         私はそんな父や看護師さんをみて涙が出ない様にこらえ何度も
             何度も「有難うございます」と頭を下げるだけでした


[2007/02/23 04:33 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
行政の対応
             もうこれ以上家での介護は限界ですよ
 タイガー8さん自身が参ってしまいますよと看護師さんからアドバイスをもらいました
     訪問介護の看護師さんからみた私は限界寸前と判断されたのでしょう


    自分の事も少しは考えて下さい、県庁から療養型病床群の病院名が
    掲載された無料の冊子がでているので参考にされてはいかがでしょうか

0101神奈川県庁

    県庁に電話で問い合わせるが、ふざけた話で担当の課が分らないとの事で
     あちらこちらの課をたらい廻しされたあげく本屋に行けば似た様な本が
              売ってますからそちらでどうぞとのことです


 これが公僕と言われる県庁職員の対応です、行政のこの様な態度は腐る程あります
       介護で疲れている状態の時に、この対応には怒りを覚えました
            (わたくしプツンときれる寸前でありました

北鎌倉その1北鎌倉その2北鎌倉その3

     介護に関してはこちらから積極的に行政に行動しないと動いてはくれません
   色々なサービス内容を知っていないとサービスを受けることが出来なくなっています


             申告制のため、きっと多くの老人達は知らずに
          行政の介護サービスを利用できないでいると思われます
      

           県庁、市役所ともに決して親切ではありませんでした

                           
[2007/02/17 10:49 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
余分な話を書いてみます。
   横浜に用事があり
       でかける事になりました予定時間より1時間ほど早く着いたので
     西口近くの喫茶店に、何気なく後ろの席からの会話が聞こえてきました


     ■「給食代なんか馬鹿、馬鹿しくて払う気がしないでしょう」
     ■「まずいしネ・・」
     ■「払うのなら子供が喜ぶ様な料理をだして貰いたいよね」
     ■「勝手に出しておいて払えとは失礼しちゃうわね」

0101三人組み

         この様な会話が15分ぐらい続いたのにはウンザリしました
    しかも大声でまわりの他の客の事も気にもせず、どうも30代後半の主婦の
    3人組みです、こうして女性は厚顔無恥なオバタリアンに変貌していくのかな
  kage3_edited-1.jpg

 会計の時レジで先程の
 オバタリアン3人組みと
 一緒になる支払いの時
 に何気なく見えたのが

 左手に10ポイントの
 高級時計のロレックス

 3人とも着てる洋服は
 上品でセンスの良い
 ものです
 きっと高級品でしょう

 思わず大声で
 「給食代ぐらい払えよ」
 と言いたくなりました



らいん4
     子供達はどう思っているのかな、ひょっとしたら生徒全員で一緒に食べる
    給食時間が楽しみだったりして?この親たちは子供の意見を聞いたのかな
     こんな自己中な母親に育った子供たちは、どんな大人になるのだろうか     


      人の事は余り言えませんが三人組みの話は少しおかしくないですか
         これからの時代こういう連中が増えなければいいのですが

[2007/02/16 19:26 ] | 未分類/雑言&戯言です | コメント(2)
先輩Aさん脳梗塞から帰還
19歳の時のアルバイト先でAさんと知り合う、随分と長い付き合いになる
3歳年上のAさんは若い頃バリバリの体育会系で背も高く性格も超がつく明るさです
顔も当時人気のあった布施明に似て
それは、それは女性社員の憧れの的でした


暴飲暴食 
   15年ぶりに
   先輩に連絡をとると奥さんの様子が少し
   変な感じなので、取りあえず先輩の家に
   行く事にしました

   先輩はまるで、ひと間違いかと思うほど
   歩き方も言語もおかしく体も痩せていました
   面影はまったくありませんでした

昨日病院から退院してきたばかりとの事・・・脳梗塞だったそうです
退院した翌日と言うのに奥さんの制止も聞かずビールを飲みだす
煙草は日に60本・ビールは毎日2本だそうだ

kage2_edited-1.jpg
健康を考えて煙草もやめ月2・3回の飲み会以外は飲まないと私の現状を話すと
先輩の顔が少し寂しそうな表情になりました

20代後半から30代は結婚式の連絡が50代からは悲しい便りが続く
最後に奥さんがポツリと一言「こんな話をする歳になったんですね



[2007/02/14 13:21 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(2)
介護疲れからの殺人報道(1)
朝のワイドショーを観れば介護疲れからか介護に絡んだ
家族の殺人事件が連日の様に報道されています


一日の母の食事も私が作っていた、両親の部屋の掃除洗濯
いろいろな理由から女房には手伝ってもらわないことにしていました
0101介護の統計1
介護ストレスからか血糖値が300近くになり介護の半分は立っている事自体が
苦しかった自分の抱えたストレス悩み等の持って行き場所もなく
自分の心の中に仕舞う事しか出来ず孤独感を感じていました
     
                    
理解してもらう為に自分の心の底を全てを話す事が出来たら楽になると思うが
きっと涙が出て止まる事はないだろう多分自分自身の人格、性格、理性などを
構成しているものが壊れると思う


その涙は悔しさからくるものに似ている気がします

浄智寺その4

事件になる位まで精神的に追い込まれた時がありました事件になるか
ならないかのにはボーダライン存在する
超えてしまったら事件になる

辛い状況にも弱音をはかない母親を見ていると、そんな自分が情けなくなる
年老いた母の顔を見て感じる事は介護する私より寝たきりの母の方が
何倍も何倍も辛いだろうと心から思える日々であった


  
続きを読む
[2007/02/12 16:42 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
あ~思わぬ出費の一週間
 カーナビ通販で購入を決断するまでに通販会社に連絡を入れ
 取り付けは難しくないですかと聞いたところ
えぇ"簡単"ですよとのことです


商品が届いてマニュアルを見ると取り付け後10日以内に車を購入した
ディラーに配線点検をしてもらって下さいと書かれている何故だろう

0101カーナビ素材

行き着けのガソリンスタンドで相談すると素人がすると配線を隠すのが上手く
出来ないケースが多いとの事でした結局その場で
取り付けを頼むことにした

    
  
出来栄えを見たら頼んで良かったと思った、私には同じ事は出来ない
とくに私はこのようなことが大の苦手なんです 
エ~どこが簡単なんだよ

らいん4

家に帰ると寝室のテレビがダメみたいとの事、16年使ったから寿命と思い翌日
電気量販店にいく、結局32インチのハイビジョンTVを買ってしまう
翌日は20年使っていた冷蔵庫の冷凍室が効かなくなる
今度は女房殿と一緒に電気量販店にいく

家に帰って18年選手の洗濯機の前で思わずもう少し頑張ってくれよとつぶやく
最後にまたしても少し遅くなったPCのメモリーアップで出費がまた続く


  
[2007/02/11 12:58 ] | アナログ人間とデジタル | コメント(0)
何故、在宅介護を選択したか(2)
 母が入院をしている時のことです
ディサービスお世話になっているAホームの看護師出身の
〇〇部長のBさんが、どこで聞きつけてきたのか突然病室に見舞いに
city_space_image[1]
何か困ってる事ないですか、お力になれる事があるかもしれませんから
その言葉にどれだけの勇気を貰ったことか、本当に有り難いと思った
 
of-4no12.jpg
Aホームの見学の時〇〇部長のBさんが何か気づいた事があれば
遠慮なく話して下さいネと優しい顔で私にそういった

見学時に気づいた事を話す、この点が改善されるといいのですが
失礼がない様に穏やかな表情で言葉を選びながら話したのですが

Bさんからでた返答はその様な愚痴を聞いてくれる施設はないですよ
一瞬我が耳を疑いました・・・
利用者の立場にたっての改善策を愚痴と取る

Bさんの様な人は優しい言葉使いだが根はきっと
傲慢自己中なタイプなんでしょう
信頼できない責任者の施設より考えた末に
在宅での介護を選択したのです

らいん4
”編集後記”
1年ほどがすぎた頃Aホームの噂を聞きましたボランティアと
B部長との間でトラブルがありことが大きくなったそうです
内容は記載しませんが想像のできる範囲です


[2007/02/05 16:39 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(2)
何故、在宅介護を選択したか(1)
病院では医師、看護師が入院患者と接する時の仕事なりが
人としてでなく物を扱ように私には見えたからです
50代にもなった私はそれまで医師や看護師を"聖職"の様に捉えていました


年配の看護師になれば優しい言葉や表情を見せていても残念ながら
演技ぽく見えてしまいます、全てがそうだと言いませんが
      
of-4no5.jpg
訪問看護センターから派遣されてきた人たちには素晴らしい
看護師さんやヘルパーさん達がいました
いずれブログに感謝を込めて詳しく書きます

らいん4

あまりにも自分の中で医師、看護師という職業を美化し過ぎていたのです
それだけに現実とのギャップに失望感と怒りを覚えました 


冬の花15の1冬の花15の2冬の花15の3
お医者さんとは頭が良く人命を尊重し生命に対して使命感を持ち
患者の立場に立てる人と思っていましたが
ところが以外と自己顕示欲が強い


ごく一分でしょうが私には世間知らずの我がままな人種に映りました
在宅介護を選択した訳はそれだけでは有りません他にも色々とあります
あぁ~あ 私は今だにすぎる


[2007/02/05 05:37 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。