スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
昨日40年らいの友と話す
15年ぶりの嬉しい再会です
20代から50歳ぐらい迄、仕事に生活にガムシャラに走って来た私達でした
一度たりとも鈍行ではなく急行や新幹線で走ってきた様な人生でした


話の内容は現役時代の仕事のばかりで7時間も続きました
不思議と話づかれはなく話すことができ、とても心地よかった

ブログ5

仕事も親の介護子育ても終わり
今の私は週2回のスポーツジムと同じく2回のプールで気分転換をしています
運動が好きなのでウツに成らずにいられるのでしょうか?
これからは仕事、介護で会えなかった友人達と会う予定です
            


健康を考えながら、のんびりと家族同志でセカンドライフを
楽しんで行こうと話の最後は、そこに落ち着きました
もう良いんですよね、のんびり生きて行っても
 

 
スポンサーサイト
[2007/01/30 15:56 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(0)
私は浦島太郎か!?
自由のない7年間の在宅介護が終わり、気がつくと
環境デジタル世界変貌していました



18年前に購入したビデオデッキがそろそろ寿命かなと思い電気店に行くと
そこで見かけたのは今の私には知らない家電との出会いです
またDVDプレイヤー・レコダーなどとデジタルと言う言葉と文字氾濫でした

0101うらしま太郎
映画鑑賞と思いレンタルショップに行くと新しいソフトはDVDばかりで
もう、ビデオの時代は終わったのですネ

ケーブルTV・DVDレコダー・パソコン・プリンター・デジカメ・無線ラン等を
 購入するが全てに設定が必要です、しかも聞きなれない用語ばかりです

resize[1]

ケーブルTVの工事とパソコンの設定の難しいと思う部分は業者に頼みましたが
他の設定は自分で試してみることにしました

湘南その1湘南その2

30代の頃は12機種のシステムコンポの配線も楽勝だった私でしたが     
今では設定と配線をサポートセンターに電話を何度もかけては悪戦苦闘の末
どうにかできましたが、なんと延べ時間は11時間かかりパニック状態です


この7年間介護のことだけ考えていた私の頭は まるで浦島太郎です
どうなってしまったのだろう私の脳は動いてくれません
体力、知力ともに社会復帰と思い頑張しかないのですネ

[2007/01/28 21:09 ] | アナログ人間とデジタル | コメント(0)
タイガースの優勝
何故ハンドルネームニュータイガー8にしたのかと言いますと
父母は神戸で生まれた地域せいなのか、阪神タイガースの大ファンです

私は甲子園の近くの西宮市で生まれました、その影響か
私も阪神タイガースの大ファンに自然となって行きました



ハンドルネームをつける時、私の頭に咄嗟に浮かんだのがタイガースでした
ところがタイガーと名の付いたハンドルネームは登録済みでした
 

 タイガー8
  そこで全く意味もなく
  ニューをつけ
  加えました

  ☆阪神優勝
  寝たきりの母は私と
  一緒にベット脇の
  テレビで阪神の優勝
  シーンを見ることが
  できました

  母はテレビ中継の間
  ほとんど瞬きもせず
  目を点にしてテレビを
  見ていました

  優勝が確定した時
  母の顔をのぞいたら
       
この時、母の目元がほんの少しですが優しくなったのを見ることが出来ました
ほんの少し優しくなった目元からよかったネと言う気持ちのようなものが
私に伝わって来たのが分かりました

私は言葉の変わりに母の手を握ると瞼を閉じて母は眠りにつきました
阪神の優勝は寝たきりの母には最高のプレゼントになったと思います


[2007/01/21 12:44 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(7)
江ノ電に初めて乗る
江ノ電:藤沢駅・・・昨日は女房と一緒に
鎌倉に行ってきました藤沢に21年住んでいながら江ノ電に初めて乗りました
江ノ電だけではなく江ノ電藤沢駅まで家からバスで行きました(信じられません)


バスに乗るのは約30年振りです普段は移動には車ばかりなので
少し感動しましたバスもなかなか良いものだと思いました

IMG_0126江ノ電_edited-1

江ノ電の速度は私達夫婦にはとても心地の良い速度でした気候もとても良く
小学生の遠足気分になり、そのせいか夫婦の会話はとても弾みました

鎌倉には何度か車では通りましたが今回は江ノ電の1日乗車券のりおくんで
のんびりと観光をしました気候も心も、とても穏やかな一日です
この日がセカンドライフの第一歩になるのかな


 
両親の介護も終わり、これからの第二の人生をどう有意義なものにする事が
出来るのかと、ふっとそんな思いを感じながら小町通りを歩いていました


[2007/01/16 16:35 ] | 湘南/鎌倉を散策 | コメント(0)
寝たきりの母親 (第1回め)
母親は昨年の春、自宅のベットで他界しました (行年88歳)

心筋梗塞
倒れた時に足を複雑骨折それ以来、母は寝たきりの生活になりました
母の7年間の在宅介護の間に父も脳梗塞で2度倒れ私は仕事を51歳で
リタイヤし両親の介護をする事を決断しました

0122-2シクラメンの8

父は2度めの脳梗塞で倒れて3年後に眠る様に亡くなりました (行年83歳)
私自身は当時大変辛く感じた事も多くありましたが人生の中で一番長く
両親と接した貴重な時間でもありました
 
of-4no13.jpg

私の知っている父は寡黙で家庭的ではなかった、しかし介護を通じて家族に対する
父の優しさを強く感じました 母は負けず嫌いで気の強い人とばかりと
思っていたのですが大変な寂しがり屋でした介護を通じて両親の事を
もっともっと知りたくなりました

0101さくらライン2

両親を、ひとりの人間として人生をどう歩んだのかを知りたくなりました
同じ思いを息子が感じた時、親として息子に伝えたい事や日常を書きとめます
内容は思いついたままに書きますので順位不動です


[2007/01/13 16:53 ] | 介護を通じて感じたこと | コメント(2)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。