スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
穏やかな空間
晩秋 向寒 落葉の時期

ライン1
子供の頃、母親がシャンソン歌手イブ・モンタンの枯葉
聴いていたのを何故か覚えています

 写真をクリックすると拡大します

1115ベンチ1
1115ベンチ2

この日 写真を撮るのに夢中なっていたのですが
ふっと、ベンチを見つけたので一休みするこにしました
そこは、とても穏やかな空気が流れています

1115ベンチ3
1115ベンチ4

私の好きな街は新宿、渋谷、関内だった
だが今の私はのどかな処を好むようになってきました

若い頃は複雑さを好み年齢とともに単純さを
好むようになったのだろうか


スポンサーサイト
[2012/12/13 13:30 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(7)
光陰矢のごとし
8月が終わりに近くなり、あと4ヶ月ちょっとで正月がやってきます
ついこの前正月だったと思うと、時が経つのが実に早く感じます


しかも年齢とともに加速度的に1年が過ぎるのが、とても早いのです
えぇ~前回から5年がたつの一年前ぐらいに感じるけれど
次の5年後もまた同じことを思うのだろうか
05b75d59[1]
私の記憶では学生時代は今よりは長く感じたものでした
とくに小学生の頃の1年は今振り返ると、とても長かった気がします

小学生の頃は、絶えず新しい友人ができ、新しい知識を覚え
ある意味では冒険のような時間だった気がします

0825蓮の花page1

年齢とともに変化がなくなってきたからでしょうか一年一年が
あっ~という間に過ぎていきます自分自身に変化がない証なのだろうか
光陰矢のごとしの諺を痛感する今日この頃です


今日は車の免許更新に行ってきました「えぇ~もう5年がたったのか」
そんな時にふっと思ったのが今日のブログの記事になりました


[2012/08/28 14:43 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(14)
プチ旅行・・あの頃は冒険
私は旅行や独りドライブが好きです
ドライブに関してはタイトル:ドライブを楽しむで書いたので
今回はプチ旅行について書いてみようと思います


日常エリアを離れた瞬間すでに旅行は始まります
私にとっては日帰りバスツワーでも立派な旅行になるのです

page2.jpg

小学4年の時、友人たちと自転車で行ったことのない隣り街にでかけた時
普段と違った景色を眺めてはワクワク感を覚えたことを思い出されます
当時は10k先は冒険の世界だったのです

c-2[1]
あの頃この道の先はどんなところだろと思ったことが何度もありました
一度もみたことのない、この道の先に行ってみたい

不安と好奇心で一杯だったあの頃の気持ちが大人になった
今でも私の心の中のどこかに残っているのでしょう

20080917_216447[1]

旅行を通じて楽しむ気持ちが自己の確認やまた違う自分を
発見する機会が生まれるのだと思っています
さぁ~小さな旅をこれからも楽しみます


関連記事2011/02/24 ここから
[2012/06/17 19:18 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(28)
ぼくらは〇〇世代
    前回の記事では私達の小学校時代のことをテーマにして書きましたが
           今回は高校時代の思い出を書くことにします
               0825-1エレキギターのイラスト
    私達の世代は常に世間から、なんらかのレッテルられていました
          その一ッにポップス世代がありグループサウンズにイカレ

0825-1蓮の花5

    モンキーダンスを踊り大人たちのヒンシュクをかった世代のことです(^。^)
             そんな私達の時代の思い出を書いてみます

0825-1蓮の花タテの加工8

男子専科や平凡パンチを読み
ドライヤーがないと絶対に
セットが決まらないアイビー
スタイル

パンツは細く短めで
洋服は上下すべてがVAN

こんな記事を書いていると
もう~最高に懐かしいです

当時はエレキギターの価格が
20,000円の時代でした
♪リパプールサウンズに夢中
スケートも流行っていました

    この頃の学校の先生のイメージは生徒にキゲン?をとっている感じがしました
            ただ生徒の成績をあげる熱意は強く伝わってきました
            また先生たちと一緒になって野球をやったものでした

0825-1蓮の花7

      新宿駅周辺にはアメリカのヒッピー族の日本版フーテン族が登場
     学校を中退してフーテンになった者やバンドボーイになった者もいます

0825-1蓮の花6_edited-1

    同じ時代を語りたいから記事にしたのではありません、この頃を思いだすと
    私の頭の中は憧れで一杯でした、そこに妬みや嫉妬は全くありませんでした


                 純粋に成功を夢みる私や友人達でした
              憧れが何時しか人生の目標になった時代でした
                    随分と遠い昔の話ですm(__)m

[2011/09/06 00:00 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(30)
懐かしく想う男のロマン
        最近はからの友人と会う機会が減ってきています
    私が両親の介護が終わった頃は毎月横浜で食事会をしたものでした


    まぁ~食事会なのは、ほぼ全員が生活習慣病で、お酒は控えて
            いるからです残念ながら飲み会ではありません

0825-1フラワー5

           食事会も何度も会っているうちに思い出話も底をつき
    若い頃とは考え方も変わり、趣味や生活環境も違っていることに気づきます



           若い頃のように男のロマンをまるで子供のように話した
      友人達は、いまでは居なくなりました当然と言えば当然なんでしょうが
  
0825-1フラワータテ60825-1フラワータテ7

       男のロマンが実現不可能な内容のものでも当時は楽しく聞くことが
          できました決してバカバカしい話とは思いませんでした

              写真をクリックで拡大します

0825-1フラワータテ80825-1フラワータテ9

      自分の場合も自己の生き方を顧みると当時の日常生活からは想像も
              つかない無邪気な夢をみていたものでした
                    関連記事は→ここから


        私自身、今はとても穏やかな日々を送っているのですが最近は
         もう一度若い頃の空気を吸ってみたい気持ちになるのですが
                    やっぱり贅沢な望みですね


[2011/08/30 00:00 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(15)
好き嫌い
     好き嫌いと言えば食べ物を連想しますが
                    今回は人に対して好き嫌いです

    若い頃は食べ物にしても人に対しても好き嫌いは殆んどありませんでした
     ところが歳を重ねるたびに嫌いなタイプの人が増えているのを感じました

         今でも外見からの人の好き嫌いは、ないのですが狡さや
             自己中を相手に感じたりすると、もうダメです


0517-1大船フラワーセンター30加工

      ところが、どうでしょうか歳を重ねるたびに繊細さが欠け図太さに
  磨きのかかったオジサン、オバサンが増殖しているような気がしてなりません

           ひょっとしたら私自身もそうなっているのでしょうか

0517-1大船フラワーセンター31加工い

     歳を取ると言うことは人間が丸くなり互いの優しさを共有できる関係と

     また年長者ほど人間が出来ているものと勝手に若い頃は思っていました
              今思えば私自身が青かったのでしょう

0517-1大船フラワーセンター32加工

    出会うタイプの人が若い頃と比べて随分と違っていることも原因なのでしょうが
          確かに最近感じることは人当たりの良い人は多いのですが
             なんとなく人間関係の難しさを感じてしまいます


               そして面倒になってしまう、今日この頃です
                これではイケないと思い反省しています


[2011/06/29 11:08 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(18)
いつが一番の幸せですか
                     昨日の地方版の折込新聞に
             貴方の幸福度チェックなるものが載っていました


                  それを読んでみて、ふっと思ったのが
       自分の幸福度の一番高かった時期(年代)は何時だったのかなと

   0522-OFS1の2

                    そう言えば父が元気だった頃に
        親父は何時の時が一番人生で楽しかったと尋ねた事がありました

0522-OFS1の1
父 「大学二年の時かな」
私 「その頃は戦争中で大変な時期
   だったのでは・・・」

父 「あの頃は皆の気持ちが同じ
   方向を見ていたからな」

父 「かぁさんと知り合った頃かな」(笑)

 父は大学二年の時に学徒出陣で
   戦争に出兵しました
   ある意味では余計な考えが必要
   なかったっかも知れませんネ

       シニアと言われる年齢になった私ですが私の場合は何時の頃かな?
              はっきり言えるのは中学時代と30代の頃です

    中学時代は色々な高校から野球で話があり自分でも将来はプロを夢みていました
            結局は夢で終わりましたが楽しい夢を見る事ができました

   0522-OFS1の3
          30代は仕事が軌道にのり全ての企画が成功をした時期でした
             しかし言えるのは全てに代償が必要だと言う事です
             息子の誕生と家が完成した時も大変嬉しかったです
   
   0101さくらライン2

                 この記事を書きながら価値感は違うが
         "これからの人生を一番幸せになれるようにしなくては"と思った



[2010/05/27 10:33 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(28)
成人式
        横浜に出かけた帰り道、西口には多くの新成人たちのやかな
        着物姿を見ては綺麗だなと思う反面、時代の流れを痛感します



         成人の日とは1月15日と今だに思ってしまう昭和人間です
              連続休日とするために第二月曜日に変更したのは
                  いつのことだったのか覚えていません

   0113カトレア5

       今年の新成人は昭和を知らない平成生まれの子供達の成人式なのです
                自分は成人式の頃は何をしていたのだろうか


     19歳も終わりに近づいた頃、意を決して東京の某劇団に入る為に上京しました
     成人式の日は仲間のアパートで酒をのみながら夢物語を互いに語っていました

   0103カトレアスコープ2

       選挙目当てや運営責任者のやたら長い式辞など聞きたくありませんでしたと
               言えば聞こえがいいが実は故郷に帰る旅費もなく


      顔みせできる状態ではありませんでした、だから成人式には出席していません
         意を決して東京に出てきた筈なのに、いつか違う道を歩んでいました
             だからこそ逆にガムシャラになって頑張っるしかなかった

[2010/01/14 00:00 ] | 若い頃と最近の私 | コメント(33)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。